できるビジネスマンに学ぶ名刺管理方法

相手とのコミュニケーションに繋がる

社会人は名刺交換をして、自分を覚えてもらいます。 覚えてもらえないと、仕事が回ってこないなどのデメリットが生まれます。 いつでも交換できるようにストックを用意することと、名前や働いている会社がすぐにわかるデザインにしてください。 シンプルな名刺が好まれます。

たくさん作っておこう

自分が渡す名刺は、すぐ取り出せる場所で保管してください。
名刺ケースを持ち歩いて、その中に数枚入れておくと良いでしょう。
常に、10枚はストックを用意してください。
1日に何人もの相手と名刺を交換するかもしれません。
その時に名刺がないと、交換できないので相手に自分を覚えてもらえません。
自分を覚えてもらうことで、新しい仕事のチャンスが生まれます。
またシンプルな名刺を作ってください。
カラフルで派手な名刺は、社会人にふさわしくありません。

もらった名刺は、まず必要なものとあまり必要でないものに分別します。
必要な名刺は、たくさん関わる人です。
連絡先も書いてあるので、重要な取引先の名刺などは取り出しやすい場所に保管しておきましょう。
専用の名刺ファイルに入れると、順番に収納できるので見やすいです。
関わる機会が少ない人は、あまり必要ない名刺に分類されます。
ファイルとは別に収納しても良いでしょう。

収納する時は、名刺に相手の特徴を書き込んでおくのが良い方法です。
会ったばかりの人は、名前や会社名を見ただけではどのような人かイメージできないかもしれません。
特徴があれば、書いておくのが良い方法です。
相手の趣味や、好きな食べ物などもわかれば書きましょう。
取引先の相手とコミュニケーションを取る時に話のタネになったり、接待の場所を考える時に必要な情報です。
スムーズにコミュニケーションを取るために、早く相手の顔と名前を覚えましょう。

使う名刺と使わない名刺

もらった名刺すべてを一緒に管理していると、どれが誰の名刺だかわからなくなります。 きちんと管理するために、必要性の高い名刺を厳選してください。 それはファイルに入れて、見やすい状態にしましょう。 関わりがない人の名刺は、缶や箱に入れるだけでも大丈夫です。

どんな人なのか書いておこう

名刺を見るだけでは、相手を思い出せないことがあります。 そんな時のために、簡単にメモを名刺に書いておくと良いでしょう。 相手の特徴や好きなものを記入することですぐにわかりますし、どのような話をすれば良いのかも判断できます。 相手の興味のある話題をしましょう。