相手とのコミュニケーションに繋がる

いつも10枚は持っておこう

初対面の相手に名刺交換を誘われた時は、快く応じてください。
その時は自分にはあまり関係ない人だと思っても、今後仕事で関わることになるかもしれません。
相手が自分に大きな仕事をくれることがあるので、チャンスを逃さないでください。
常に名刺交換ができるように、自分の名刺を持っていましょう。
10枚ほどもっていれば、複数の人と交換することになっても対応できます。

足りなくなったら、早めに印刷しておきましょう。
パソコンやプリンターがあれば、自宅でも簡単に名刺を作成して印刷できます。
印刷する場合は、コピー用紙などの薄い紙を使用することは避けてください。
薄い紙を、相手に渡すのは失礼です。
きちんと名刺用の厚紙を使いましょう。

シンプルなデザインにする

早く相手に顔と名前を覚えてもらえるように、派手なデザインの名刺を作成する人は見られます。
しかし派手な名刺は、社会人にふさわしくないと考える人もいます。
自分の印象が悪くなってしまうかもしれないので、デザインに気を付けてください。
社会人になったら、シンプルなデザインの名刺を持つように心がけましょう。

会社名や名前の大きさや、フォントも工夫してください。
自分が所属している部署まで書くと、相手に覚えてもらいやすいです。
デザインが完成したら、1回試しに印刷すると良いですね。
文字の大きさやバランスがおかしかったら、修正してください。
いきなり本番用紙に印刷して、バランスがおかしいことに気づいたら無駄になってしまいます。