どんな人なのか書いておこう

特徴を記入するのがおすすめ

何度かあったことがある人でも、急に名前を忘れることがあります。
失礼なことがないように、すぐ思い出せる工夫をしてください。
相手の特徴を名刺に書くと、相手を思い出したりすぐ覚えるために効果的です。
例えばメガネをかけている人だったら、何色の丸いメガネをかけているなどと書きましょう。
相手が女性で髪を結んでいる場合は、それも特徴になります。

取引をしているぐらい関係が深い人だったら、どこかで会ったら挨拶をしなければいけません。
その時に顔を覚えていないと、相手を無視する形になるので険悪な関係になってしまいます。
人の顔を覚えることが、苦手な人もいるでしょう。
そのような人こそ、相手の特徴をたくさんメモして覚えてください。

何が好きなのかもメモに残す

親しい関係になることで、取引が円滑に進むと言われています。
そのために、たくさん相手と会話をしてください。
興味のない話題では、会話が途中で終わってしまいます。
相手の趣味の話題を振ったり、会食で相手の好きな料理を食べられるお店に行きましょう。

すると相手は自分のことを理解してくれていると、感動するはずです。
より親密な関係になって、取引がうまく進むでしょう。
これまで以上に仕事を任せてくれるかもしれません。
こちらから積極的に話しかけて、相手の趣味などを知ってください。
その場でメモを取るのはあまりおすすめできないので、自宅に帰ってからすぐメモに残しましょう。
時間を空けるとせっかく聞いたのに、忘れてしまいます。